ニキビ

診療のご案内

ベビースキンの専門家 皮膚科医 池田大志のブログ

メディア掲載情報

著書のご紹介 男が育休を取ってわかったこと ご購入はこちら

著書のご紹介 10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア  ご購入はこちら

講演のご依頼お問い合わせはこちら

外国人介護技能実習生ドットコム

Smartphone QRコードからアクセスできます

ニキビ

ニキビについて

顔にニキビがあると、それだけで憂うつな気分になりがちです。顔じゅうにたくさんニキビがある人のなかには、人にみられたくないという思いから、人との出会いに消極的になってしまうという方もいるかもしれません。できることなら、常にニキビの目立たない肌でいたいと思うものです。

江北皮フ科では、そんなニキビ特有の悩みを解決するために、それぞれの方のニキビ症状に合わせた治療を行うだけでなく、ニキビを予防するためのスキンケア方法を提案しています。

ここでは、ニキビに関する大まかな知識と、オススメのスキンケア方法をごく簡単に紹介いたします。
一般的に、ニキビには10代を中心にみられる「思春期ニキビ」と、20代以降の女性にみられる「大人ニキビ」の2種類に分けられます。それぞれの特徴は次のようになります。

思春期ニキビの特徴

  • おでこから鼻筋にかけての、いわゆる「Tゾーン」に多くみられる
  • 男性ホルモンの分泌量が増えることで、皮脂の分泌が活発になることが原因のひとつ
  • 1日に1~2回程度、石けんを使って皮脂を適度に減らすことが望ましい

大人ニキビの特徴

  • 顔の側面からアゴにかけてのフェイスラインや口まわりといった、いわゆる「Uゾーン」に多くみられる
  • 化粧をしている女性にできやすい
  • 治療をしても治りにくい

さて、大人ニキビの特徴を読まれたところで疑問に思われた方がいるかもしれません。なぜ、「化粧をしている女性に多く」、「治療をしても治りにくい」のでしょうか?
ニキビができる最大の原因は「毛穴のつまり」です。思春期では男性ホルモンの影響もあって、生理的に毛穴がつまりやすいのですが、大人ニキビでは「化粧をすること」だけでなく、「化粧を落とすこと」も毛穴のつまりを引き起こします。

一般的に、化粧を落とす際にはクレンジング剤が使用されます。クレンジング剤には強力な「界面活性作用(=油を浮かせて落とす作用)があるため、皮膚のもっとも表面にある角質層に含まれるセラミドなどの大切な油分が抜け落ち、その結果、角質層が傷んで毛穴がつまりやすくなるのです。

つまり、原因になっている「化粧」と「クレンジング」をやめないかぎり、どんなに優れた治療をしても大人ニキビは治りにくい、ということになります。例えば、どれだけ懸命に保湿クリームを塗ったとしても、クレンジングを続けているかぎり、ニキビは治りにくいといえます。かといって、まったく化粧をしないというわけにもいきません。

そこで、大人ニキビについては次のようなスキンケアが望まれます。

  • 毛穴のつまりを起こしにくい化粧品(=ノンコメドジェニックという表示がある化粧品)を選ぶ
  • クレンジングを使わずに落とせる化粧品を選ぶ
  • 化粧水や保湿クリームを使わず、白色ワセリンで保湿する

ファンデーションであれば、「1.」と「2.」を同時にみたすものがあります。それは「ミネラルファンデーション」というものです。ミネラルファンデーションは、自然界に存在する鉱物から作られており、肌のもつバリア機能へのダメージが少ないことが知られています。そして、バリア機能へのダメージが少なければ、毛穴のつまりも起こりにくくなります。
同様の理由で、肌のバリア機能へのダメージを最小限にするために、鉱物油である白色ワセリンを使用することをお勧めします。

江北皮フ科では、大人ニキビに悩む方にお勧めの「ミネラルファンデーション」を販売しております。白色ワセリンについては、純度の高い「プロペト」を処方することができます。
もちろん、ニキビの治療についても、常に最前線の治療を提供できるように努めております。ニキビに悩む方は、まず一度ご相談ください。

  • Topへ